教育体制Education

看護部理念・教育方針

看護部理念

入院・退院から在宅までの一貫したリハビリテーション看護を提供する。

基本方針

病院理念・運営方針に基づき、社会の変化、医療の進歩にともない、そのニーズに応えた看護を提供する。

看護の対象である個人(または集団)の信条・人格・生活・権利を尊重し、常に対象者の立場に立ち、よりよい看護を提供する。

専門職として常に看護の本質を追及し、科学的・創造的、且つ主体性のあるリハビリテーション専門看護をめざし、他部門との信頼関係をもって協働する。

自らの人間性・品性を高め、看護師としてのキャリア開発に努める。

2019年度 看護部活動目標

  • 1魅力ある看護ができるチーム作り
  • 2安全・安心・満足の得られる看護ケアの提供
  • 3効果的なチーム医療の推進
  • 4病院経営に参画する

教育理念

センター理念・中央病院理念および看護部理念に基づき、患者・家族を尊重した質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。

教育目的

  • 1センターおよび中央病院の果たす役割を理解し、組織の一員としての自覚を深め、主体的に行動できるよう育成する。
  • 2リハビリテーション患者のニーズを的確に把握し、安全で安楽な看護ケアの提供ができるよう育成する。
  • 3看護キャリア開発ラダーを活用し、個々人の学習ニーズと個人目標を尊重した学習の機会を提供する。

教育目標

センターおよび中央病院看護職員としての役割と責任を自覚した主体的行動がとれる。

医療・福祉・保健の動向に目を向け、今日的な専門知識・技術を習得し、臨床看護実践能力を高めることができる。

患者・家族・医療チームメンバー間との望ましいコミュニケーションを図るための能力を高め、調整者(コーディネーター)としての役割が発揮できる。

問題解決能力を高め、医療チームの中でのリーダーシップを発揮し、また看護実践上の問題・課題を研究的姿勢で解決することができる。

看護部委員会活動紹介

教育委員会

看護部職員の資質の向上のために必要な院内教育の企画立案および事業の運営を行い、看護部の発展に努める。

業務委員会

看護業務基準及び看護手順を明確にして対象への看護サービスを円滑に、安全かつ正確に提供するために活動する。新しい知識と技術を理解して看護業務の検討改善を行う。

看護記録委員会

インフォームドコンセントの理念のもとに看護を実践し、記録の充実を図る。記録方式、記録様式、記載基準を作成、監査、改訂をする。

リスクワーキング

ワーキングメンバーのリスク感性及び知識の向上を目的として活動している。看護部内で発生している「ヒヤリ・ハット」事例の要因と対策の情報共有を図るとともに、転倒転落グループ、与薬グループで看護部研修会の企画・運営を行っている。