4階西病棟 脳神経内科・内科

看護の特徴

4階西病棟は脳神経内科、内科、泌尿器科、リウマチ科、整形外科の障害者病棟です。脳血管疾患、神経難病、泌尿器科疾患、糖尿病、関節リウマチ、骨折など様々な疾患を持った患者さんが入院されています。障害としては脳血管障害からの高次脳機能障害、運動障害を有する患者さんが多く、社会復帰に向けて、セルフケアの再獲得、家族への介護指導を行っています。

令和3年度 病棟目標

  • 1安全・安心・満足の得られる看護ケアの提供ができるチームを作る
    1. 安全なベッド周囲環境の提供により転倒防止に取り組む
    2. 内服確認を確実に行い、リハビリテーションが効果的に実施できるよう薬剤コントロールする
    3. 急変に対応できる
    4. 必要な感染対策を確実に行う
  • 2魅力ある看護ができるチームを作る
    1. 院内デイを週1回行う
    2. 新人教育に部署全体で取り組む
    3. プライバシーに配慮できる患者ケアを行う
  • 2効果的なチーム医療を推進する
    1. 標準的な退院支援の流れをつくり、安定した退院支援を提供する
    各グループビジョン
    院内デイグループ認知面が低下した患者が生き生きする場づくりのため、院内デイを週1回行う
    リスクグループ転倒・与薬に関するインシデントの要因を分析し、患者に対する看護の責任を負う
    勉強会グループ 安全・安心・満足の得られる看護ケアを提供するために救急教育・倫理カンファレンスを中心とし、その他必要な学習会を企画、実施する
    防災・救急グループ災害・救急のシミュレーションを実施し実践に備える
    退院支援グループ地域で神経難病患者が納得した生活が送れるように、地域スタッフと協力し退院支援・退院調整を行う

術前・術後の指導

術後の患者さん、ご家族が不安なく退院できるよう、術前の指導はもちろん、術後の指導にも力を入れています。

泌尿器科術前・術後指導

排泄状況チェツク表

他職種との連携

医師、セラピストと連携し、チーム一丸となって患者さんのサポートを行っています。

他職種との連携

音楽療法

パーキンソン病の治療に音楽を取り入れています。

患者さまのよりよい生活のためのパンフレットへのリンク