リハビリ看護Rehabilitation Nursing

安全に手術を受け、リハビリがスムーズにすすめられるように、他職種と連携し、看護を行っています。クリティカルパスに添って、早期離床を目指し退院までをサポートします。また、退院後の生活を見据えた関わりを持ち、思いやりといたわりのある看護を提供しています。

入院から手術まで

入院時より、患者さん一人ひとりに合わせたオリエンテーションを実施します。
手術後は傷の痛みで動きにくくなるため、術前準備として術後の生活を想定した訓練を一緒に行っていきます。

手術によっては、手術後の禁忌の姿勢に対して対策が必要です。手術前より安全な方法を説明します。
手術当日は、患者さんの不安により添い、手術が安全に受けられるよう支援します。

術後

手術当日はナースステーションに隣接している観察室で翌朝まで過ごしていただきます。

手術翌日以降は、早期離床に向けて、日常生活動作の拡大を行います。
バイタルサインや禁忌の姿勢に注意し、安全に車いす移乗や歩行器での離床を行っていきます。患者さんの個別性を理解し、確実な指導を行うとともに、ベッド上の生活から活動範囲を広げるよう援助していきます。

患者さんの状態は様々で、一人として同じ看護ではありません。一人一人の患者さんに向き合い、安全な医療が提供できるよう努めています。

退院に向けて

担当看護師は患者さんのよき相談相手となり、術前から早期に情報収集をして問題を把握し、解決できるように取り組みます。
退院後の生活を患者さんや家族と話し合い、サポートします。退院後のイメージがつきやすいよう日常生活上の動き方や危険な姿勢などわかりやすくビデオを見ていただき、患者さんからの在宅での不安やわからないことなどアドバイスも行っています。

退院前に外泊訓練を行い、退院後自宅での生活に問題がないか確認します。必要に応じてセラピストと連携し、住宅改修や日常生活動作の獲得を行い、安全に退院できるよう支援していきます。 さらに、リハビリ部門と連携してスムーズにリハビリが進むように、退院までの道のりをサポートします。

  • 医療福祉相談室

安心して自宅での生活が送れるように、他職種と連携してカンファレンスを行います。介護福祉サービスの必要な患者さんに対して、医療福祉相談室の看護師やソーシャルワーカーと連携します。利用できるサービスの情報提供などを行い、より良い生活を送れるよう、退院をサポートします。