3階東西病棟 整形外科・回復期リハビリテーション

看護の特徴

3階西病棟は整形外科病棟であり、手術前後の患者さんを対象としています。変形性股関節症や変形性膝関節症に対する人工関節置換術は、クリティカルパスに基づき患者さんに応じたケアを実施しています。また、スポーツ医学診療として半月板損傷に対する半月板縫合術をはじめ、靭帯損傷やアキレス腱断裂に対する手術が行われており、入院から退院まで患者さんに応じたケアを実施しています。

3階東病棟は病床数50床の回復期リハビリテーション病棟です。主に整形外科における人工関節手術後やスポーツ外傷による手術後、骨折等手術後の治療とリハビリテーションを行い、家庭復帰・社会復帰を目指しています。

また、基礎疾患として内科的合併症がある方には、これらの診断、各検査等も行われています。

令和4年度 3階西病棟 病棟目標

  • 1魅力のある看護が出来る
    1. 新人看護師を病棟全体で育てる
    2. フィッシュ哲学を通して職場の雰囲気を良くする
  • 2安心・満足の得られる看護ケアの提供
    1. 周手術期看護の質の向上を図る
  • 3効果的なチーム医療の推進
    1. 日曜入院を軌道にのせる
    2. 他部署との連携がスムーズになる対策を行う
  • 4病院経営に参画する

手術前後の指導

手術後に使用する歩行器や車椅子の練習、深部静脈血栓症を予防する筋力低下予防運動の指導を行っています。
また、人工股関節置換術後の患者さんに対して、脱臼を予防するために自助具を使用した更衣指導を行っています。

術後の指導

患者さんが安全に日常生活を送ることができるように多職種が医療チームとなり、リハビリを含めて進めています。

退院に向けて

退院後の生活に向けて医療チームで話し合い、安心して不安なく退院後の生活を送ることができるようにサポートしています。

整形外科病棟のスタッフ達

整形外科 スタッフ1
整形外科 スタッフ2